JK

手軽に描かけるWindowsアプリのペイント!
ペンタブで描くとレスポンスが悪いのでマウスで作成。

※⇒ペンタブとは?

 

かなりやりづらいけどペーパーレス(笑)

やり方はシンプルでです。

 

まずはWindowsパソコンに入っているアプリ、
ペイントを起動させます。

ペイント

 

 

起動が出来たら好きなペンツールを選択するのですが、
初期設定のブラシが一番描き易いです。
※下の画像を参照
ペイント

 

ちなみに、描きやいサイズにするためには、
下の画像の様に、枠線をドラッグさせます。
すると、理想的なサイズに設定する事が可能です。

※ドラッグ⇒マウスを左クリックしままの状態でスライドさせる事。

ペイント

 

 

 

そして、色も結構選択出来るのが嬉しいところです☆
ペイント

 

あとは、マウスの左クリックを押したまま、絵を描いて行きます。
※いわゆるドラッグさせながら線を引いてく。

 

下の画像の黄色く囲った部分、「消しゴム、戻る」を使いながらカタチを整えて行きます。
ペイント

これにより、パソコン作業次いでにお手軽な落書きが出来ちゃいます☆

 

上手い下手に拘らず、楽しんで描けば

誰にでも描く事が可能です。

 

また、今ではタブレット型端末も多く普及しています。

 

ニンテンドー3DSやスマホでも絵が気軽に描ける、
デジタルのスタンダードな時代とも言えます☆

⇒スマホで絵を描く?

 

実は絵が描いてみたいアナタ!!
是非!チャレンジしてみて下さい♪

Windowsペイント

 

 

 

コレを使って本格的に描いてみる!

 

 

一番いいのは、デジタルツールを使う事です!

特にお勧めなのは、CLIP STUDIO PAINTになります。

 

CLIP STUDIO PAINTは、元々は漫画を描くツールのComicStudioとイラストを描くツールのIllustStudioに分かれていたのですが、これが一体化し且、より便利になったのがCLIP STUDIO PAINTなのです。

 

デジタル、インターネット上で漫画やイラストを発表したいと言うアナタには持って来いのツールです。

 

メンバー専用のページもあり、サポートもしっかりとしているので、初心者にも安心!

 

 

まずは、CLIP STUDIO PAINTの詳細を確認してみましょう!

↓↓↓